CUTEなウェルカムボード
 
 
 
WordPress by Matt Mullenweg, Ryan Boren, Donncha O Caoimh. GNU General Public License. Code is Poetry.

CUTEなウェルカムボード

緊張の初デートでリラックスする秘訣

初デートはとても緊張するものです。そんな初デートで、リラックスする秘訣はいろいろとあります。まず、手作り体験することができる場所に行ってみることです。最近では、ウェルカムボードを手作り体験することができる場所もあります。ウェルカムボードは結婚式にはなくてはならないものです。最初のデートで行くことで、相手に本気さをアピールすることもできます。結婚はまだまだ先になってしまうとしても、手作り体験で最初に作成しておくことはいいことです。二人だけで作成をすることになるので、とてもいい思い出になるのです。二人だけの記念の品になることは間違いありません。二人で、話しながら作成することができるため、気分も自然と落ち着いてくるものです。初デートからいきなり、多くの人のいる場所に出かけても落ち着きません。初めての場合には、ゆっくりと時間が流れる場所に行くことで、お互いがリラックスをすることができるのです。自然と緊張感もなくなりますし、作業をしながらのほうが話しやすいものなのです。手作りのものというのは一生残ります。何年後かに見てみると、とてもいい思い出だなと思うものです。思い出にもなりますしリラックスできるので手作り体験はおすすめです。

2015年04月20日 未分類  tag : , , ,

目的と意味合いについて

結婚式には、ウェルカムボードは欠かせないものなのです。ウェルカムボードの目的は、結婚式に参加してくれているお客さんを歓迎し、パーティーへと案内するものです。そのような目的がありますが、二人らしさをおもいっきりだすことができるアイテムのひとつでもあるのです。そのため、新郎新婦の写真を使う方も多くおられますし、新郎新婦の似顔絵を描いている人もおられます。ウェルカムボードは、結婚式に参加してくれる人を一番に迎えてくれるものです。新郎新婦が結婚式当日は忙しくて出迎えができないので、その代わりにボードがお客さんを出迎えてくれるという意味合いもあるのです。最近では、ウェルカムボードを結婚式が終わってからも新居に飾っておく人が増えてきています。そのため、ずっと飾っておけるように、専門家に似顔絵を頼んで描いてもらう人も多くおられるのです。結婚式が終わってからもずっと飾っておけるものですし、二人にとっても最高の記念の品でもあります。お客さんを歓迎してくれるという目的もありますが、新郎新婦にとっての思い出の品にもなるのです。ウェルカムボードはいろいろな意味や目的をもっているので、結婚式には欠かせないものなのです。

2014年12月17日 未分類  tag : , ,

種類について

ウェルカムボードの種類には、特に決まりごとはないために、さまざまな種類のものがあります。店舗や店頭に置く場合や、結婚式場での披露宴や挙式の入り口、受付テーブル横などに置く場合など、その設置場所によって、ウェルカムボードの大きさや種類を決めることになります。
ウェルカムボードは、特に最近、個性的なものが好まれる傾向にあり、他とは違う、人とは違うものを使用したいという要望が多くなっています。そのため、ウェルカムボードを作成してくれるサービスを提供している業者も増えています。業者に依頼する場合には、完全にオーダーして作ってもらう場合とセミオーダーで作ってもらうなど選ぶこともできます。
また、手が不器用な人でも簡単に作成できる「手作りキット」も販売されていますので、手作り感を大切にしたい人にとっては「手作りキット」で作成したものを使用することもあります。
その他の種類としては、結婚式のときなどによく使用するもので、結婚する2人の写真や似顔絵を使って作成したもの、結婚する2人に対してお祝いのメッセージが書かれたものなどがあります。披露宴や挙式の会場の入り口や受付テーブルの横などに設置して、来賓者の方たちに喜ばれています。

2014年12月14日 未分類  tag : , , ,

価格相場って?

ウェルカムボードはどのようなものにするかで、価格相場も異なってきます。もちろん最初から最後まで自分たちで手作りするのであれば、材料費しかかかりません。たとえば、今人気のあるプリザーブドフラワーのウェルカムボードになりますと、価格の相場の平均は、24,800~34,800円になります。こちらは女性にとても人気があります。さらに、プリザーブドフラワーは造花と違い花自体が生花なのでその分少し金額が高いのです。この価格は、いろいろなウェルカムボードの中でも、真ん中くらいの金額になっています。そのほかに人気があるのは、似顔絵のボードです。似顔絵のものは、男性にも女性にもとても人気があります。似顔絵のものは、イラストレーターなどが二人の顔を見ながら描いていくため、値段も高めになってきます。さらに、額がついているかついていないかでも、値段は変わってくるものです。似顔のものの価格の相場は、18,800~24,800円となっています。ウェルカムボードは結婚式が終わってからも自宅に飾っておけるものになります。そのため、少々お金がかかってもいいものを作りたいと考えている方が多いようです。二人にとっても記念に品になるのです。

2014年12月11日 未分類  tag :

ウェルカムボードでこだわりたい事

結婚式で最初にお客様を歓迎するのがウェルカムボードです。式場の入口や受付の前などに置きますよね。ウェルカムボードをどのように飾るかは、それぞれの新郎新婦のこだわりが反映される部分です。小さいころからの写真を並べてみたり、フラワーマグネットで飾ってみたり、ペアーのテディベアーでお出迎えするウェルカムボードもよく見かけます。

こだわりという点では、似顔絵も人気ですね。写真よりインパクトがあります。自分で似顔絵を描くことができるのなら、それにこしたことはありませんが、自分で描くことができなくてもプロの似顔絵師に描いてもらえば良いわけです。プロの似顔絵師は顔の特徴を見事にとらえ、賑やかで、楽しい似顔絵を書いてくれることでしょう。

ウェルカムボードはこうでなければならないというルールがあるわけではありませんので、思い思いにこだわりをもって、好きなように飾ってあげると良いでしょう。また、アイディアが思い浮かばない場合は、ネットで調べるといろいろな実例が紹介されています。真似をしてしまっても罰は当たらないことでしょう。あるいはそれを参考にしながら、自分たちなりのオリジナルも加味させるのも手だと思いますよ。

2014年12月08日 未分類  tag :

ウェルカムボードを利用するシーンとは

ウェルカムボードを利用するシーンとしては、やはり結婚式が最も思い浮かびやすいでしょう。挙式会場の入り口などにウェルカムボードで参列者を迎え入れるシーンというのはどこの式場でも見られますが、その内容は新郎新婦のアイデアや作成したりプレゼントした人のセンスによってずいぶん異なっています。例えば、ウェルカムボードの横に等身大のパネルが置いてあるような目立つタイプのものもありますし、上品で控えめなタイプのものもあります。参列者が自由に書き込みをすることができるようなボードもあれば、立体的なつくりになっているものもあり、いずれもおめでたいシーンを飾るアイテムとして重宝されています。
ウェルカムボードは新郎新婦が用意したり、式場で準備してもらうこともありますが、参列者や友人、家族などがプレゼントすることもあり、製作用のキットも、注文どおりのボードを作成する工房もたくさんあります。一見入り口に飾られているボードですが、良く見ると細かい細工がしてあったり、新郎新婦の思い出になぞらえた仕掛けが施してあったりと、見ていて楽しいものもたくさんあります。リングピローやブーケなどと並んでプレゼントすることの多いものですので、検討してみましょう。

2014年12月05日 未分類  tag :